教育に効果的な教え方

教育の仕方にもいろいろな方法があります。
単に教科書に沿って教えるようなやり方もあれば、いろいろな工夫をして教えていく方法もあります。
教育が目指すところのひとつには、その生徒や子供が自分で考えて理解することがあります。
先生や親がそのように教えてくれたからという理解ではなく、どうしてそういえるのかという理解が必要になります。
そのためにできることは単に事実だけを教えるのではなく、質問したりして、生徒や子供の思考を刺激していくことが大切です。
質問をすることで相手は考えるようになるのです。
特になぜ、という質問は効果的です。
この質問によって、当人が本当にそのことを理解しているかどうかということがわかるからです。
なぜ、と質問されて答えがあいまいであるならばはっきりと理解できていない可能性があります。
質問を効果的に用いることで相手の思考を刺激していくのです。
もうひとつできることは、たとえを使うことです。
難しいことを教える時に、このたとえという教えの技術を用いることは極めて効果的です。
たとえが込み入った難しい、イメージしにくいものですと逆効果になってしまうこともありますのでその点に注意することや、できるだけわかりやすい身近なものを題材にして取り上げるならばすぐにイメージができ、教えたいポイントがはっきりして効果的です。
親が子供に、そして先生が生徒に教育するというのは容易ではありませんが、こうした質問やたとえという教えのための技術を用いるならば効果的な教え手になることができます。

Just another WordPress site